ブルースカイネットは真心第一のリサイクルトナーの専門店です。

トナーとインクの違い

会社で使用するプリンターは、レーザープリンターなど大型複合機を利用している会社が多いようです。 しかし一般家庭ではインクジェットプリンターが主流となっています。ここでレーザープリンターに使用するトナーと、インクジェットプリンターで使用するインクの違いについてご説明致します。

特徴

インクジェットプリンターは、液体インクから微細な粒子を紙に吹き付ける印刷方式です。LBPと呼ばれるレーザープリンターは、ドラムと呼ばれる感光体にレーザー光を照射して粉状インクを付着させ、それを紙に転写して熱と圧力で定着する方式です。図面やビジネス文書などを早く大量に印刷する場合は、LBP方式が優れています。 逆に写真や年賀状など高品質な画質印刷にはインクジェット方式が向いています。そのため2つのプリンターを使い分けている会社もあります。LBPは長期使用で考えると、1枚あたりの印刷単価がかなり安くなります。そのためリース製品や格安のリサイクルトナーを活用すれば、さらにコストを抑えることが可能です。

印刷用紙について

インクジェット方式は紙に直接吹き付けるので用紙選びが重要ですが、LBP方式は再生紙の印刷も可能です。またLBPはインクのにじみやシミが少なく、鮮明な印刷が特徴です。印刷品質はインクジェット方式が優れていますが、その分インクの使用量も多くなります。 またインクは印刷用紙に染み込むため、印刷する時間はかかりますが、色に落ち着きがあり変色が少ないといわれています。リサイクルトナーは使用済みトナーを回収し、洗浄や修理などを行って新しいトナーを充填した再生トナーです。最近のリサイクルトナーは高品質なトナーも増えています。

印刷時間

LBP方式は高速印刷が可能です。また大量印刷に対応できるよう、インク詰まりなどのトラブルが少なくて壊れにくい性質を持っています。インクジェット方式は印刷に時間がかかる場合があり、インクの消耗が激しいので大量印刷には向いていません。ローコストでスピードを重視するビジネスなら、レーザープリンターとリサイクルトナーの活用をご検討ください。

当店はリサイクルトナー専門の通販サイトです。高品質なリサイクルトナーを、格安価格にて販売しています。また全国送料無料で商品をお届けし、ご不要のトナーカートリッジも無料で回収を行っています。 即日出荷にも対応し、代引き手数料も当店負担でございます。さらに安心してご使用できるよう、印刷トラブルなど不具合が生じた場合は無償交換を実施します。コストダウンを考えている方は、ぜひご利用ください。

戻る