ブルースカイネットは真心第一のリサイクルトナーの専門店です。

産業廃棄物の処分方法

廃棄物は、大きく分けると一般廃棄物と産業廃棄物の2つに分類できます。なかでも、産業廃棄物に関してはより適切な処分が求められます。こちらでは、産業廃棄物の詳細も含め、その処分方法について詳しくご説明致します。ぜひお役立て頂ければ幸いです。

産業廃棄物とはなにか

そもそも産業廃棄物とは、どのような廃棄物を指すのでしょうか。主に生産や流通・販売など、事業活動に伴って発生する廃棄物のことをいいます。大量に排出されたり、素材や質的に処理が困難であるもので、プラスチックや金属くず・畜産業から排出される動物のふん尿など20種類ほどが定義されています。事業活動というのは会社や企業だけでなく、自治体や学校、NPOなどの活動も含まれます。

産業廃棄物を処分するには

産業廃棄物の処分は、排出した事業者自らの責任で行うことが原則です。これができない場合、産業廃棄物処理業の許可を持つ業者へと委託する必要があります。委託する際は、「委託基準」を遵守しなければなりません。業者とそれぞれの責任を明確にした委託契約を締結することや、マニフェストを利用して確認することなどが義務付けられています。マニフェストとは業者により発行される、処理が完了したことを記した管理票のことをいいます。これを受け取ることにより、廃棄物が委託内容通りに処理されたかが確認できるわけです。

深刻なごみ問題

中間処理場で処分できなかった廃棄物は、最終処分場で埋め立てられることになります。年々廃棄物が増大するなか膨大な容量も必要となってくるわけですが、次々と新規立地先が増えるほど環境悪化にも繋がりますし、地域住民の反対運動による確保の困難など、多くの問題が起こっています。残余容量が急激に減少していくなか、一人一人のごみを出さない心がけがいっそう求められています。

産業廃棄物の削減に向け、リサイクルトナーの活用をおすすめします。購入しようとお探しの方は、当店をご利用ください。高品質なリサイクルトナーを低価格でご提供しています。豊富に種類やメーカーを揃えていますので、どうぞお買い求めください。リサイクルトナーの販売だけでなく、使用済みのトナーカートリッジの回収も承っていますのでお気軽にご依頼ください。着払伝票にて無料回収を行っています。心よりご連絡・問い合わせをお待ちしています。

戻る