ブルースカイネットは真心第一のリサイクルトナーの専門店です。

トナーカートリッジのタイプ

キャノン・富士通・リコー・エプソン・ブラザーと、プリンタメーカーは数多くあり、各メーカーの機種も数え切れないほどあります。また機種によってトナーカートリッジにもタイプがあるというのはご存知でしょうか?

トナーカートリッジの規格と補充について

トナーカートリッジには、元々決められている純正品の規格があります。リサイクルトナーは、その純正品の規格に合わせてトナーを補充しているのです。もちろん、トナーカートリッジは消耗品になりますので、補充前には再利用可能かどうかの検品がしっかりと行われています。

トナーカートリッジのタイプ

プリンタの機種によって、トナーカートリッジが2タイプあるものがあります。ひとつはスターターカートリッジとも呼ばれる「標準タイプ」、もうひとつが「大容量タイプ」です。この2タイプのトナーカートリッジの違いは、トナーの内容量になります。大容量タイプのトナーカートリッジは、標準タイプに比べて約2倍近くトナーが増量されており、より多くの印刷枚数を確保することができるのです。また、価格的にも大容量タイプのほうが割安なため、印刷頻度の高いプリンタに大容量タイプが使用可能であれば、コスト的にもお得になります。

機種によっては変更不可なものもある

標準タイプと大容量タイプに対応しているプリンタであっても、タイプの変更ができない場合があります。それは、カートリッジの形状および内部構造が、標準タイプと大容量タイプで異なっている場合です。標準タイプと大容量タイプには、外部形状・内部構造がまったく同一であるタイプと異なっているタイプがあり、標準から大容量へとカートリッジを変更できるのは同一であるタイプのみになります。タイプの変更を検討しているのなら、手持ちのプリンタが同一タイプであるかどうか確認しておくことをおすすめします。

リサイクルトナーをお求めでしたら、当店にお任せください。当店では、NEC・OKI・エプソン・キャノン・ゼロックス・ブラザー・リコー・富士通などの各メーカー商品を取り扱っており、工場直送の低価格&高品質にてお届けしております。
ご購入から1年以内であれば、印字トラブルの際に何度でも無償で交換できる保証もあり、ご注文時間によっては即日出荷も可能です。代引き手数料は当店負担ですので、お気軽にご利用ください。

戻る